婚活中のLINEは難しい?交際相手とLINEのやり取りをスムーズに続ける3つの方法

あなたはLINEのやり取りは得意ですか?

コミュニケーションツールとして、今や日常生活に欠かせないLINE。

でもなかなかやり取りが続かず、モチベーションが下がってしまう人もいることと思います。

活字でも、文字はその人の個性を存分に表現します


ではLINEを楽しみながら上手に続けるためには、どんなところに気をつければ良いのでしょうか?

こちらの記事では交際相手とのLINEのやり取りで大事なポイントを3つ、ご紹介します!

1. LINEを打つ時のテンションを確かめる

交際が始まって間もない頃は、相手とのやり取りにドキドキ緊張することが多いものですよね。

「相手に良い印象を持ってもらいたい」「文章はどんな風に打ったらいいのか?」など、いろんな思いがよぎります。

LINEを送る側も、受け取る側も、緊張と共に気持ちが昂っているはずです。しかも、ここが次へのステップの分かれ道です。

意外に見落としがちですが、LINEを打っている時の自分がどんな気分かを確かめてみてください。この時の「テンション」が実はすごく重要です

LINEを打つ時、心はワクワクしていますか?

相手と本当に関わりたい、会話したいと思っていますか?

その気分が、文字を通して伝染するということがあります。顔が見えないからといって、侮るなかれです。

LINEを打つ時の自分の気持ちを、ぜひ確認してみましょう。

こちらもおすすめ

デートのお誘いをした時にお相手が即答でOKしてくれたら、すごく嬉しいですよね。 デート当日まで待ち遠しく感じるはずです。 もし返事が即答で返ってきたら、それはあなたに好意があるサインです。 返事の「間」を注意深く観察することで、簡単に自分へ[…]


2. LINEを送る時間を確認しよう

交際相手に、何時ごろLINEを送っていますか?

相手により起床時間や勤務時間、自由時間、就寝時間は異なります。

仕事から帰ってきて、ふと一息ついた頃などのゆとりのある時間、お互いに時間のある時が一番やり取りがしやすいでしょう。

しかし、その快適な時間帯は相手によってまちまちですから、相手がLINEしやすい時間をあらかじめ聞いておくと良いです。

事前に聞いておけば「自分のことを気遣ってくれる人なんだな」と好印象まで持たれるので一石二鳥です。

隙間時間を有効利用してみる

忙しい合間、じっくりとLINEできない隙間時間を逆手に活用してみましょう。

その時はほんの一言、二言が鉄則です。相手からの返信や会話が目的ではなく、相手を労ったり元気づけたりします

自分のことを気遣ってくれる言葉やエールが、心にグッと刺さるものです。無条件に嬉しいでしょう。

お互い空き時間にLINEのやり取りをするだけでなく、意外な時間を活用することで相手も思わずキュンとしてしまいます。

例としてですが、

朝→おはよう・今日も仕事がんばってね

昼→お昼食べましたか?午後も頑張ろう

夕方→今日もお疲れ様

夜→おやすみ

ほんの一例ですが、短い言葉でさらにありますよね。何気ない会話ですが、心がほんわかとするものです。

相手も「こんなLINEを続けられたらいいな」と気持ちが高まります。そんなLINEをマメに心がけてみましょう。

将来のパートナーとなるかもしれない人から朝イチで「おはよう!」と来れば、その日一日頑張れる気がします。

疲れた仕事終わりに「今日もよく頑張ったね」の一言があれば、疲れも吹き飛んでしまうでしょう。

男性女性に限らず「自分のことを気にかけてくれる人がいる!」という気持ちになるだけで好意を持てますし、その人を今後も大切にしていきたいと思うはずです。

そんな関係になれれば、LINEも自然と続くことでしょう。

こちらもおすすめ

ふたりでいる時、会話が途切れてシーン・・とすると、少し気まずい雰囲気が流れますね。 「なにか次、しゃべらなきゃ!」と焦るものの、一体何を話し出せば良いのか… 頭の中で混乱してしまい言葉が余計に出なくなってしまう人は、意外に多いもの。 そこで[…]


3. わかりやすく、素直に

どんな風に書こうか、あれこれ考えすぎると結果的に感情が上手く伝わらないLINEになってしまうことがありますね。

仲が良くなりお互いの人柄や会話中のニュアンスが分かれば、さして気にならないかもしれません。

しかしLINEでのコミュニケーションを始めたばかりや、まだそこまで仲良くないタイミングでは、感情が伝わらないLINEは相手にも伝わりにくい。

受け取る側にしてみたら、感情が分かりにくい人とのLINEは疲れる一方なので続けたいと思わなくなります。

LINEが続かないと嘆く前に、その解決策を知り実行しましょう。

それは「素直な言葉」を使うことです。余裕があれば、素直な感情のままに絵文字も送ってみましょう。

例えば、

・嬉しい

・楽しい

・寂しい

・ありがとう

基本ポジティブな内容です。ネガティブはほどほどに、ときに弱みを見せる時だけに留めましょう。

素直な感情を文字にする(絵文字にする)ことで相手との距離も近くなり、LINEというコミュニケーションが円滑に続くでしょう。

こちらもおすすめ

まず結論ですが、男性と女性ではコミュニケーションのルールが違います。 女性の気持ちがわかる男性は、女性の他愛ない会話に共感できます。 中身のない話にもしっかりついていける男性が、結局モテるのです。 特に婚活中の男性で、女性との会話についてお[…]


最後に

「婚活中のLINEは難しい?交際相手とLINEのやり取りをスムーズに続ける3つの方法」

いかがでしたか?

LINEを続けるための上記3点、この全てがしっかり稼働していれば特に意識しなくてもLINEは続いているはずです。

LINEのやり取りで大事なこと、それは以下に要約されます。

あなた自身がワクワクしよう

送るタイミングを知って活用しよう

シンプル is ベスト!素直な言葉が一番

LINEが続かないと嘆く前に、コツを知ってしまえば簡単です。

想いを言葉にするというのは簡単なようで難しい。相手のことを想いすぎても重いと思われたり、ドライすぎてもいけません。

円滑なコミュニケーションの軌道に乗るまでが大変かもしれませんが、口ではなかなか言えないことも文字にすれば伝わります

交際から始まるLINEというツールを上手に利用して、婚活をぜひ楽しんでみましょう。

出雲大社のご加護とともに

銀座結婚相談所アマーレ 東京銀座の結婚相談所アマーレのブランドコンセプトは、安心と信頼。 「結婚したい」「心の拠り所になってくれる人と出会いたい」という願いを叶えるための婚活サロンです。 出会いや縁結びの場として20代からシニアまで幅広い世[…]


安心のご縁。信頼の絆。叶える結婚

銀座結婚相談所 アマーレ

03-6555-3780

info@konkatsu-amare.com

安心のご縁。信頼の絆。叶える結婚

人生100年時代。

ですが、未知の感染病に世界情勢、激動の現代。

これから我々の身に起こることは予想できません。

そんなとき、こころ寄せ合えるパートナーがいたら…

きっと精神的に大きな安心感をもたらしてくれるでしょう。

思いたったが吉日。

まずは無料カウンセリングであなたのお話をお聞かせいただければ幸いです。

異性との関係作りが苦手でも、自分に自信がなくてもご安心ください。

銀座結婚相談所アマーレでは代表カウンセラーが丁寧にあなたと向き合い、あなたの婚活を徹底サポートいたします。

アマーレ株式会社
代表取締役  進士 綾乃
東京都中央区銀座6丁目6-1
銀座風月堂ビル5F(東京本社)
03-6555-3780
info@konkatsu-amare.com
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日