10月は神無月なのに出雲地方では神在月?神様が出雲大社に集まる理由とは

10月は和暦で神無月(かんなづき)と呼ばれ、「神様がいない月」とされています。

島根県出雲地方では同じ月を神在月(かみありづき)と呼んでいます。

明日からいよいよ10月ですね。

そこで本日は神無月の意味や由来、縁結びの総本山と呼ばれる出雲大社ついてここにご紹介します。

神無月と呼ばれる由来

古来より日本では、自然界に存在するすべてのものには八百万(やおよろず)の神が宿るという考えがあります。

旧暦10月になると全国の八百万(やおよろず)の神々が、出雲大社(島根県出雲市)へ会議に出てしまうと伝えられていました。

そこで、神様が出かけてしまう国には神様がいないことから「神無月(かんなづき)」、反対に神様がたくさんいらっしゃる出雲の国(島根県)では「神在月(かみありづき)」と呼ばれるようになったとされています。

由来には諸説ありますが、神無月は「神の月」という説もあり、古代では「の=な」、即ち神な月(かむなづき)だったと考えられています。

ではなぜ神の月かというと、神聖な五穀を収穫し、神々に捧げ感謝する季節に由来するとされています。

出雲大社になぜ神様が集まるのか?

出雲大社に祀られているのは、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。

大国主大神は、天を象徴する神様である天照大神(あまてらすおおみかみ)に対し、大地を象徴する神様です。

大国主大神は全国各地に自分の子供達を配置することで国を管理させていました。彼らが年に一度出雲大社に戻った際に、その年にあった出来事の報告や来年の相談をする会議を開いていました。

やがて他の神様も会議に出席するため、出雲に集まるようになったとされています。

出雲大社が「縁結びの総本山」と呼ばれる由来とは

平安時代からの言い伝えでは、旧暦10月に全国の八百万(やおよろず)の神々が神事について神議(かみはか)りするそうです。

神事とは翌年の収穫や人の縁ですから、出雲大社に集まった神様たちは、人の運命や縁(誰と誰を結婚させようか)について話し合っていると云われています

遠く離れた場所に住んでもひょんなことから出会ったり、結婚したりするケースもあります。それはもしかすると、この会議での神様の計らいによるものかもしれませんね。

最後に

「10月は神無月なのに出雲地方では神在月?神様が出雲大社に集まる理由とは」

いかがでしたか?

出逢いは偶然ではなく、必然と言われます。

出雲大社に集う神様が結んでくださるご縁に導かれ、きっと皆様にも素敵な出逢いがあるはずです。

婚活を積極的に楽しむ人にこそ、神様が微笑み良縁を運んでくださるのだと思います。

今年の縁結び会議では、あなたのお名前が是非呼ばれますように。

 

銀座結婚相談所アマーレでは、新規ご入会特典として「出雲大社の縁結びお守り」を差し上げております。

出雲大社のご加護とともに

銀座結婚相談所アマーレ 東京銀座の結婚相談所アマーレのブランドコンセプトは、安心と信頼。 「結婚したい」「心の拠り所になってくれる人と出会いたい」という願いを叶えるための婚活サロンです。 出会いや縁結びの場として20代からシニアまで幅広い世[…]


安心のご縁。信頼の絆。叶える結婚

銀座結婚相談所アマーレ

03-6555-3780

info@konkatsu-amare.com

安心のご縁。信頼の絆。叶える結婚

人生100年時代。

ですが、未知の感染病に世界情勢、激動の現代。

これから我々の身に起こることは予想できません。

そんなとき、こころ寄せ合えるパートナーがいたら…

精神的に大きな安心感をもたらしてくれるでしょう。

思いたったが吉日。

まずは、無料カウンセリングであなたのお話を聞かせていただければ幸いです。

異性との関係作りが苦手でも、自分に自信がなくてもご安心ください。

銀座結婚相談所アマーレでは代表カウンセラーが丁寧にあなたと向き合い、あなたの婚活を徹底サポートいたします。

アマーレ株式会社
代表取締役  進士 綾乃
東京都中央区銀座6丁目6-1
銀座風月堂ビル5F
03-6555-3780
info@konkatsu-amare.com
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日